文字の拡大・縮小方法について

表示文字が見づらい、大きくしてご覧になりたいなど、表示の文字を拡大したり縮小したりする方法をブラウザごとにご説明しています。
※文字の拡大・縮小によりレイアウトが崩れることがございます。表示される情報に変更はございません。※ブラウザのヴァージョンによって操作方法が若干異なります。一般的な方法をご紹介しております。ご了承ください。

Internet Explorer

Internet Explorerをご利用の場合

1)メニューバーの「表示」をクリックします。
2)「文字のサイズ」を選択し、”大”、”最大”などお好みに合わせて選択してください。

firefox

Firefoxをご利用の場合

メニューバーの「表示」をクリックすると「文字のサイズ」がある場合

1)メニューバーの「表示」をクリックします。
2)「文字のサイズ」を選択し、”大きく”を選択してください。

メニューバーの「表示」をクリックすると「ズーム」がある場合

1)メニューバーの「表示」をクリックします。
2)「ズーム」を選択します。
3)全てを大きくするには「拡大」を選択して下さい。
4)文字だけをを大きくするには「文字サイズだけ変更」を一度クリックしてから、1、2の後「拡大」を選択して下さい。

Google Chrome

Google Chromeをご利用の場合

全体を拡大する

1)ブラウザのGoogle Chromeの機能ボタンをクリックします。
2)拡大⁄縮小の+をクリックすると画面全体が拡大されます。

文字だけを拡大する場合

1)ブラウザのGoogle Chromeの機能ボタンをクリックします。
2)オプションをクリックします。
3)オプションメニューの高度な設定をクリックします。
4)ウェブ コンテンツ内のフォントサイズからお好みのサイズを選択します。

safari

Mac OS X Safariをご利用の場合

1)メニューバーの「表示」をクリックします。
2)「文字の拡大」または「文字の縮小」を選択し、大きさを変更してください。

opera

Operaをご利用の場合

1)メニューバーの「表示」をクリックします。
2)「ズーム」を選択し、”120℅”や”+10℅”など、大きくしたいパーセンテージに変更してください。(オペラでは文字だけの拡大はありません。全体の表示が拡大・縮小されます)